国連が破産寸前、日本、アメリカ、中国の負担金はいかほど?

国連加盟国81カ国が分担金未払いのため、国際連合が資金難だそうです。

一番の理由は、あのアメリカが分担金を支払っていないためだそうです。

またまた、トランプ大統領が注目されております。


スポンサードリンク




(単位:%、米ドル 出典:外務省 「2015~2017年 国連通常予算分担率・分担金」(2017年))

国連分担金の多い国
順位 国名 分担率(%) 分担金額(米ドル)
(十万未満四捨五入)
1 アメリカ合衆国(米国) 22.000 6億1080万
2 日本 9.680 2億4420万
3 中華人民共和国(中国) 7.921 1億9980万
4 ドイツ 6.389 1億6110万
5 フランス 4.859 1億2260万
6 英国 4.463 1億1260万
7 ブラジル 3.823 9640万
8 イタリア 3.748 9450万
9 ロシア 3.088 7790万
10 カナダ 2.921 7370万

22パーセント負担している、アメリカが支払わないとなりますと、運営が滞るのは、当然ですね。

本気で払わないつもりなのでしょうか?

アメリカがどれだけ貢献しているかを、世界に知らせるための、パフォーマンスでしょうか?

国連の分担金というのは、国の支払い能力(経済力)で決められるのだそうですが、なんで、日本が2番目なのか・・・?

毎年毎年、巨額の運営資金を提供しているにもかかわらず、おそろしく、小さな存在に思われる摩訶不思議さはなんでしょうか?

やっぱ、敗戦国であること、あと、G7とかの主要会議にでても、白人の人たちは体が大きいですが、日本人はそれに比べると小さいので、見た目の印象などで、態度もかわるということでしょうか?

日本はアメリカの使用不可能の国債を買わされてますし、日本に駐留している軍の運営費用も負担しております。

なにがどうなっているのか・・・(;^_^A

マルクスの資本論によりますと、資本主義は資本家と労働者の富の格差が拡がっていくばかり、ということが記されており、今現在、確かに世界はそんな感じになっております。

最近、資本主義というのが、そろそろ限界なんじゃないか、というような話を聞きます。

トランプさんのような人がアメリカ大統領になるあたり、つまり、そういう予兆なのでしょうか?(わたし個人は社会主義でも共産主義でもありませんが・・・)


スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする