霊感を高める簡単な3つの方法、無理の無い安全な健康術

霊感、というと、おどろおどろしいですが、霊感が高まると、日常の物理的な感覚から、もう少し高い感覚を兼ねて生きることができ、人生に幅がひろがり、目に見えないものを、大事するようになります。

(愛、とか、親切、とか、思いやりとか)

霊感を高める簡単な3つの方法は、日常の気の感覚を高めて、危険な人、物事、事象を探知して離れ、永く付き合うべき、価値のある人、事象を認知して人生を有意義にする為のメソッドです。

幽霊がみえるようになる、云々というものではありませんので、お間違えのないよう。
それでは、霊感を高める簡単な3つの方法をご紹介します。

日本の大正期からあった、霊気による、霊感の獲得

霊気、という健康メソッドをご存知でしょうか?

日本発祥であるにも関わらず、知られてませんが、海外では、かなり認知されていて、ヨーロッパ、アメリカでは保険が適用されるところもあるほどに、有名な健康のメソッドです。

大正時代、臼井甕男(うすいみかお)先生という方が鞍馬山で断食修行のうえ、霊感を得て、世に広めました。

戦争の混乱で一時期廃れましたが、ハワイからアメリカに伝わり、そこから、世界に広がりました。

この霊気(れいき)の目的は「安心立命」が主目的ですが、肉体、精神の健康改善に効果があり、霊感を獲得する人もいます。

霊気の特徴はアチューンメント(霊授)、という儀式で、先生が受講者の霊気が通るパイプを広げて、宇宙からのエネルギーを受けやすくする、というのがあります。

このときに、アチューンメント(霊授)を受けるひとは、不思議な感覚になる人もいます。

霊気は決して、宗教とかではありませんので、誤解のありまえせんよう^^

オーラを観れるようになる方法

手の平を前に出します。でもって、黒いハンカチ、黒い布などで、手の背景は黒色にします。

ぼんやりと、みつめます。ぼんやりとです。

すると、もわもわとした、白いゆげのようなものが見えてきます。

それです。それが、オーラです。

光の乱反射、残像、脳の勘違いかも、と思ったら、シャーペンとか、カッターとかで、同じように見つめてみてください。

手だと、見ることできる、湯気のようなオーラが、シャーペンやカッターでは観ることができません。

ですので、オーラを観ていることを、確信できます。

わたしは、いまだ、青白い湯気状のものしか見れてませんが、もっとずっと、訓練すると、きちんと色がみえるようになるそうです。

断食による、感覚の鋭敏化

霊感を高めるメソッドのひとつが断食です。

食事を何日か断つことで、体の器官、皮膚感が鋭敏になり、体内に流れる、といわれる、経絡も敏感になります。

血管、臓器の詰まりがなくなることで、経絡の詰まりもなくなり、気の流れが高まり、霊感が高まります。

断食は、簡単に霊感が高まる方法で、健康にもいいので、週に1回くらいの断食をおすすめいたします。

感覚、霊感が高まりますので、なんとなくよくないと思った事象が避けられ、良い事象が分かったりします。

野生動物なんかも、毎日食事ができるわけではなく、断食の日があるため、生命力が高かったりするわけです。

現代人のように、毎日たらふくたべれる状況が、様々な病気をひきおこしております。


スポンサードリンク





まとめ

ほかにも、霊感を高める方法はあります。

あの霊感が強いという美輪明宏さんは、法華経を唱えていたら、霊感が高まった、というようなことを言ってましたし、太極拳で、気が高まり、霊感が発現した、という人もおります。

ヨガにより、チャクラを目と目の間にある、チャクラを開くことで、異次元とコンタクトできるようになった、という人もおりますし、陰陽師の正式の家系は現在でもあったりします。(現在、法的にはありません)

オーラを観る、断食、霊気の3つは、気感を高めて人生生活をより豊かに、が目的ですので、おどろおどろしいのは、なしで記しました。

最初の霊気は、決して怪しいものではありませんので、興味がありましたら、グーグルで調べてみてくださいね^^

それでは、お読みいただき、ありがとうございます。


スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする