宝くじが売れなくなった理由 誰も買わない未来予想

宝くじの売れ行きが、2年連続下がっているそうです。

2005年1兆1047億円でピーク、以降、下降トレンドで、2017年が7866億円だそうです。

で、みなさまは、宝くじ、当たったこと、ありますでしょうか?

わたくしは、ナンバーズ3のボックスと、ジャンボ宝くじで、3000円位、当たったことがあります。

でも、そんだけです。

結構、なんか、のりでなんとなく買ったりしてますが、全くあたりません。

はずれたことを確認すると、なんで、こんなものを買ってしまったのだろう、と、不思議に思うのですが、また、なぜか、なんとなく買ってしまうのです。


スポンサードリンク





宝くじが売れなくなった理由

宝くじが売れなくなった大きな理由のひとつは、やっぱり、YOUTUBEだと思います。

ユーチューバーが企画で、大金をはたいて宝くじを買い、結局、2、3割分しか戻ってこない、という動画がたくさんアップされております。

そりゃぁ、こんなのを幾度もみたら、さすがに、人々も買わなくなります^^

わたくしも、あれらの動画を見て以降、全く買わなくなりました。

ユーチューバーが、目を覚ましてくれたのです。

当たったら、大金がぁ・・・、と頭のなかに、ついつい膨れ上がる妄想を、ユーチューバーが叩き壊してくれたのです!

これは、感謝しないといけません。


スポンサードリンク





ギャンブルの還元率

還元率とは、使ったお金に対し、どれだけ戻ってくるのかの割合です。

残りは運営者の取り分ということです。

宝くじ 約45%

競馬  約70~80%

オートレース 約70%

競輪、競艇  約75%

パチンコ パチスロ  約85~90%

なめんとのか、宝くじぃ!!!!

運営者の取り分が55%だとぉ!!

・・・・・・・・・・・・・・・・

みなさん、どう、おもいますでしょうか・・・。

超高額の当選金、ということで、なんだか、完璧にぼったくられてますね、われわれは!!

普通に考えて、運営側の取り分55%って、やっぱりおかしいですよ

でしょう?みなさん!!


スポンサードリンク





まとめ

まぁ、YOUTUBERさんのおかげで、世の中は、現実を知ったわけですから、もう、脳みそは妄想にだまされません。

売れ行きが悪化することで、運営者側の取得率が下がり、還元率があがることになると思います。

まずは、ナンバーズとかの、小額の宝くじで、還元率を上げることで、購入者にあたる感覚を覚えさせ、高額くじの販売を促進させればいいんじゃ

ないかと、おもいます^^。

ここで一句、

宝くじ あたりゃーしねぇ  多空くじ

宝くじが売れなくなった理由 誰も買わない未来予想、は以上です。

お読み頂き、感謝します。ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする